将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

今期のタイトルまとめ

3月もいよいよ終わりです。今年度のタイトル戦がすべて終了したので、防衛・奪取をまとめます。

竜王 羽生善治(奪取)

永世七冠がかかった大一番で羽生竜王が鬼神のごとき強さを見せて渡辺前竜王から竜王位を奪い取りました。その直前にタイトルを失っていただけに心配の声もありましたが、それを吹き飛ばす強さでしたね。

名人 佐藤天彦(防衛)

稲葉八段が挑戦者となって若手同士の名人戦でした。番勝負をリードしたのは稲葉八段でしたが、最後は佐藤名人の3連勝でいっきに防衛を決め、名人位保持を2期に伸ばしました。

叡王 (佐藤天彦

ユニークな予選が話題だった叡王戦では、佐藤名人が優勝しました。ただし、タイトル戦に昇格してからの叡王位はまだ決まっていません。4月に番勝負が予定され、金井六段か高見八段のどちらかに初代叡王が決まります。

王位 菅井竜也(奪取)

変則的な振り飛車で前例のない将棋が見所の1つだった王位戦では、羽生前王位から菅井王位が奪取しました。菅井王位はタイトル初挑戦でのタイトル獲得です。

王座 中村太地(奪取)

中村王座が3度目のタイトル挑戦でタイトル初獲得となりました。羽生前王座とは毎試合の死闘と、奪冠時の涙が印象的です。

棋王 渡辺明(防衛)

今年度最後のタイトル戦は、挑戦者永瀬七段とのフルセットまでもつれる激闘を、不調ながらも渡辺棋王が防衛しています。番勝負すべてで先手番が勝つという珍しい結果です。

王将 久保利明(防衛)

今年度前半に圧倒的強さを誇っていた豊島八段が挑戦者で、いよいよ初タイトルなるかと囁かれましたが、ベテラン久保王将が退けています。タイトル戦とA級順位戦プレーオフとが重なり過密なスケジュールが記憶に新しいです。

棋聖 羽生善治(防衛)

期待の若手・斎藤慎太郎七段が挑戦しましたが、羽生棋聖には及ばず敗退しました。羽生棋聖は在位合計16期です。