将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【棋王戦】最終第5局 渡辺明棋王vs永瀬拓矢七段

振り駒の結果、先手は渡辺棋王。戦型が注目されましたが、後手永瀬七段が早い段階から定跡を外れすぐに力戦形になりました。後手は右銀がどんどん右辺に寄ってきて、守りにも強そうな形に見えました。

先手渡辺棋王は右玉に構え、果たしてどちらの読みが上回るかという将棋になりましたが、後手の仕掛けに対して完璧に受け返した先手が、かなり早い段階から優勢になっていました。後手ももちろん打開を目指しますが、一度築いたリードを先手がまったく手放すことなく、渡辺棋王が驚異的な強さを見せつけました。

これで今期の棋王戦はすべて先手番が勝つという珍しい結果になり、渡辺棋王の防衛です。竜王を失冠しA級からも陥落してしまった渡辺棋王ですが、ぎりぎりのところでふんばりました。

永瀬七段はついに初タイトルかと期待されましたが、わずかに及びませんでした。ですが、これからも応援しています。

両者とも、おつかれさまでした。