将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【王座戦】藤井聡太六段vs糸谷哲郎八段

中村王座への挑戦に続く挑戦者決定トーナメント進出をかけた大一番が行われました。

振り駒の結果、先手は藤井六段で後手が糸谷八段です。両者ともそれぞれ順位戦でC1、A級への昇級を決めており、好調な成績です。特に、A級昇級を決めた糸谷八段相手に藤井六段がどこまでやれるのかという今後を占う意味でも注目の一局でした。

戦型は相居飛車になるかと思っていましたが、糸谷八段が金を攻めに使う阪田流向かい飛車にしました。

 
f:id:pk_seki:20180323180220j:image

交換した角を打ったこの場面、局後の感想ではすでに後手が苦しいそうですが、確かに▲2三から馬が作れそうでよさそうですね。

その後、後手も相手陣に手をかけますが、先手は構わずと金を作って直線的に攻めます。


f:id:pk_seki:20180323180241j:image

果たしてどこまで見えているのかと思いながら、さらに互いに相手玉に迫りますが、ここでの5九金打ちが、自陣の受けをしっかりさせる冷静な手で、後手からはかなり攻めにくくなったのではないでしょうか。

ここから藤井六段の指し手はさらに早く、はっきり読み切っている様子でした。

投了図でも、相手の持ち駒が絶妙に受けに効きません。

終わってみれば、早見えで強い将棋を指す糸谷八段をあっさり切り捨ててしまったかのような将棋でした。早い段階に自分に傾いた形勢をそのまま大きくして勝ちきる将棋で、手がつけられない強さです。