将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【順位戦】A級プレーオフ 豊島将之八段vs羽生善治竜王

A級プレーオフは、ここまで三連勝の豊島八段が羽生竜王と対戦しました。王将戦を敗退してしまった豊島八段はなんとか頑張りたい一戦だったでしょうが、残念ながら羽生竜王に敗れました。

豊島八段は四戦連続で振り駒で先手を取る強運を見せ、戦型は横歩取りでした。中盤からかなり難しい将棋になっており、形勢もなかなかはっきりしないなか、終盤に羽生竜王が、自陣へ手が迫っているところでの攻めの一手4八とが解説陣を驚かせ、一時はいっきに豊島八段の勝ちが見えたかと思いました。しかしこの一手は羽生竜王が自陣を的確に読み切った結果で、実際、豊島八段の二枚の馬が後手玉に迫りながらもぎりぎりで受けきっていることがわかり、先手投了となりました。

A級プレーオフはこれで次の羽生竜王vs稲葉八段をもって終了し、佐藤天彦名人への挑戦者が決まります。稲葉八段の二期連続挑戦となるか、あるいは羽生竜王が「竜王名人」を目指して進むことになるか、注目です。

負けてしまった豊島八段は、今期前半は絶好調ながらもタイトル獲得とはなりませんでした。あと一歩という展開が続きファンとしても悔しさを感じますが、このままで終わるとも思えません。今後にさらに期待です。