将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【順位戦】C級2組最終局結果

順位戦C2の最終局が行われ、藤井六段に続いて厳しい昇級争いを勝ち抜いた都成四段と増田五段がC1への昇級を決めました。また、降級点が3つとなった岡崎七段がフリークラスへ降級となっています。

全勝での昇級となるかが注目された藤井六段の相手は三枚堂六段。以前の対局では三枚堂六段が勝利していました。今局は藤井六段の先手で横歩取りに進むと、藤井六段から先に定石を外れる新手が出て、あっという間に優劣が出やすい横歩取りの中盤のペースを握りました。一度つかんだリードを離さずにしっかり広げていく指し手に、終盤でのabemaTVの解説で佐々木勇気六段は、三枚堂六段にいいところがなにもなかったと述べていました。かなり大差での藤井六段の勝利です。

増田五段と神谷八段の対局は千日手を含む熱戦となり、最後の神谷八段の投了図では、実は増田玉に詰みが生じていたという珍しい結末に。

ほかの対局も、僅かながらも昇級の芽を残す棋士の最後の粘りや、降級点をめぐる棋士のふんばりなど、見所の多い1日でした。