将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【NHK杯】準決勝 山崎隆之八段vs郷田真隆九段

NHK杯もトーナメントは最終盤で、今局に勝った方が決勝進出です。

相掛かり模様の序盤でしたが、なかなか神経を使う展開で、山崎八段から仕掛け、郷田九段はカウンター狙う形になりました。先手は銀が中央に並び非常に攻撃的で、飛車も5筋で角道を開いていて、先手がめちゃくちゃ攻めやすそうでしたが、後手からは3筋の歩をと金にして飛車を狙いに行く筋が単純ながら強力で、あっという間に斬り合いに。

後手のと金が厳しいようにも見えましたが、対して先手5五角が、玉の逃げ道を作りつつ飛車に当たり、景色が変わる一手だったように思います。後手からは最後まで怖い攻めがありましたが、先手がしっかりかわして後手玉を寄せ、先手山崎八段の勝ちとなりました。

これでNHK杯の決勝は稲葉陽八段vs山崎隆之八段というカードになりました。私としては、山崎八段の独特の構想に稲葉八段がどう対処するかが見所だと思っています。