将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【順位戦】A級最終局の結果

順位戦A級最終局は、もっともドラマチックな結末になりました。

豊島八段が負けて、佐藤九段や稲葉八段が勝ち六名プレーオフの舞台がちゃくちゃくと整う一方、三浦九段と渡辺棋王との将棋は三浦九段が勝ち残留を決定し、渡辺棋王の降級と六名プレーオフの行方が、最後まで残った久保王将と深浦九段の対局に委ねられました。久保王将は、勝てば文句なしの名人挑戦ですが、負けると地獄のプレーオフ。深浦九段は負ければA級降級です。

評価はなんどか久保王将のほうがよい局面があったように思いますが、深浦九段の恐るべき粘りが勝り、結果、史上初の六名プレーオフが決まりました。


f:id:pk_seki:20180303113446j:image

名人戦の日程はすでに決まっているので、それまでにプレーオフを消化しなければならず、豊島八段と久保王将の対局は明日3月4日と過密スケジュールです。

こうなると、稲葉八段や羽生竜王の挑戦が濃厚に見えてきますね。

そして、渡辺棋王は現役のタイトルホルダーながら降級となってしまいました。竜王失陥から不調が心配です。現代将棋はそんなにも変化しているのでしょうか。