将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【順位戦】A級最終一斉対局直前

明日3月2日は、A級順位戦の最終局が一斉に行われます。「将棋のいちばん長い日」として有名で、今回は「名人戦第0局」と呼ばれたりもしていますね。

誰が佐藤天彦名人への挑戦権を得るか、そして降級となってしまうのは誰なのか、現在の状況を確認します。


f:id:pk_seki:20180301181157j:image

6勝3敗で首位なのは久保王将と豊島八段です。この二名は、両者とも最終局に勝つと、2人でのプレーオフになり、一方しか勝たなかった場合は勝った方がそのまま名人挑戦となります。

ややこしくなるのは二人とも負けた場合で、まず、同じ6勝4敗の羽生竜王にもプレーオフ進出が決まり、かつ広瀬八段も豊島八段に勝っているということで、四名でのプレーオフになります。二人負けだと自動的にこうなります。

さらに、稲葉八段と佐藤九段が勝つと、勝敗数で並び、最大で六名でのプレーオフです。六名でのプレーオフの場合、パラマス方式という方法で挑戦者を決めるのですが、要は勝ち抜き戦です。対局は持ち順位によって決まるので、最初に豊島八段と久保王将が指して、勝った方が次に順位の低い相手と指し、最終的に稲葉八段と対局して勝った方が名人挑戦です。

この形になると、現在首位の久保王将と豊島八段は対局数がいっきに増え、ハードルはとても高くなります。逆に稲葉八段にとってどんでん返し的に名人挑戦がぐっと近づくというわけです。

久保王将と豊島八段はそれぞれ、負けると挑戦がなくなるか、残ったとしても最低四名のプレーオフがあるので茨の道です。

降級をめぐる戦いについては、屋敷九段の降級がすでに決定しているので、残る枠は2つです。渡辺棋王、深浦九段、三浦九段、行方八段の四名のうちから二名ということです。勝ち数がひとつ少ない行方八段は勝ちが絶対条件ですし、渡辺棋王と三浦九段は直接対決なので、勝てば残留負ければ降級という目がとても濃くなります。

A級順位戦は毎年最後まで目が離せませんが、ここまで混戦になっているのは私が観る将になってからは初めてです。