将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

居飛車対策を勉強した効果

四間飛車党なので、先手でも後手でも基本的に四間飛車を目指して序盤を指しています。相手が居飛車ですんなり対抗型になれば、安定して駒組ができるのですが、将棋ウォーズでは私ぐらいの級だと振り飛車人気も根強く、お互いに振り飛車にして相振りの形になることも珍しくありません。

しかし相振りはまだまだ勉強不足で、序盤からかなり気を使う展開になり、なかなか思うように指せませんし、あっという間にだめになってしまうこともあります。

そこで最近は、最序盤は四間飛車を志向して指しますが、相手が振り飛車のようだったら、勉強した右四間飛車に切り換えています。

四間飛車の対策を勉強しましたが、それでわかったのが、これが本当に攻撃力の高い戦法であるということです。右四間飛車が攻め急がずじっくり攻めるようにすれば、振り飛車側はどうしても受け将棋になりがちです。

級位者同士の対局ではどうしても受けよりも攻めの方がわかりやすく勝ちやすいと思っているので、この作戦はまずまずの調子です。

具体的には、先手としたら、▲7六歩△3四歩▲6六歩としてこちらから飛車を振る態度を示して、そのときに相手が△3二飛や△4二飛と先に振ってきたら、こちらは▲2六歩と突いて居飛車に方針転換、囲いは雁木囲いにしています。あとは駒組を進めながら4八に飛車を回って右四間飛車です。

四間飛車と雁木囲いの組み合わせがいいのか悪いのかは正直よくわかっていませんが、とりあえずまずまずは勝てているのでもうしばらくは採用するつもりです。

対策を勉強することで居飛車側の作戦の狙いや攻め筋、振り飛車側の「こうしないと負ける」という手を知ることができるのは、力をつける以上に戦法の幅も広がるのでよかったと思います。