将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【棋王戦】第2局 永瀬拓矢七段vs渡辺明棋王

第1局を勝った渡辺棋王。今季は順位戦もなかなか奮わず、竜王も失陥したこともあってファンからは不調を心配されているなかでも勝利でした。防衛に向けて連勝したいところです。

将棋は角換わりで、先手永瀬七段の矢倉に後手渡辺棋王の雁木でした。先手は早繰り銀ではなく、2六に上がる棒銀。永瀬七段はこの形をよく採用するそうです。

序盤中盤は先手の歩突きを後手が付き合わなかったり、じりじりしたやりとりでした。それにしても角換わりは、駒台の角をどう使うのかがいつも難しいですね。

形勢は少しずつ永瀬七段良しになり、しかし攻め急がず、後手の攻めを消す永瀬七段らしい「負けない将棋」を見せます。ところが、ここはうっかりだったのか、後手からわずかに反撃の手があり、そこからは先手玉は入玉模様の難しい将棋に。それでも最後は永瀬七段が自玉を安全にしながら、寄せの手筋のお手本のような挟撃を仕上げて勝利となりました。

これで対戦成績は1-1のタイです。