将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【王座戦】二次予選 畠山鎮七段vs藤井聡太六段

王座戦二次予選で藤井聡六段の対局がありました。相手は、B2からわずか1期でB1復帰を決めた畠山鎮七段で、強敵です。

将棋は相矢倉、雁木囲いの再興で、最近ではもはやすこし珍しい形になりつつありますかね。

先に仕掛けたのは先手の畠山七段。思い切った角切りなど、積極的に攻めます。解説陣の評価では先手の方が指しやすそうという話で、実際後手は受け将棋になり、囲いも心もとなくすごく怖い状態に見えました。

このまま先手が攻め切るようにも見えましたが、後手の受けもしぶとく、徐々に妙な展開になっていきます。3筋に飛車を回ると反撃の芽が出て、果たしてどちらの攻めが良いかという将棋になりました。

しかしまたしても畠山七段も鋭い攻めをかけ、藤井六段は受けに回らざるを得ない苦しい将棋に。ところが、一分将棋で苦しくなった畠山七段の一瞬の隙を見逃さず、急転直下、藤井六段の攻めが決まり、先手投了となりました。

abemaTVでは橋本八段が藤井六段を「笑っちゃうような強さ」と評していましたが、これが、ほとんどの棋士の偽らざる気持ちなのでしょう。これで藤井六段は連勝を12に伸ばしています。