将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【四間飛車】右四間飛車への対策 その8

第8回は前回のつづきです。

0図
f:id:pk_seki:20180218192806j:image

0図からは、

▲4四歩△同角▲5五銀△3三角▲4四歩△3四銀でしたね。

ここから先手は7九の銀の活用を図ります。

▲6八銀△4五歩▲5六歩△1二香▲5七銀で、ここで△6四歩と突きましょう(1図)。

1図
f:id:pk_seki:20180218193026j:image

この歩はタダなので先手は一歩得のために▲同銀ですが、△4四角▲同角△同飛で銀に当たり、▲5五銀△4二飛▲6八金△3三桂(2図)で振り飛車良しです。

2図
f:id:pk_seki:20180218193449j:image

ここからは、後手は自陣に手を入れたり、攻めを仕掛けたりといろいろできる状態です。