将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【四間飛車】右四間飛車への対策 その7

第7回です。

前回は、先手(右四間飛車)が居玉のまま一直線に攻めてきた場合を見ました。この場合には後手から反撃があるのでよしでしたね。

今回は、先手がきちっと船囲いにしてきた場合を見ます。

1図
f:id:pk_seki:20180218182448j:image

こちらも美濃囲いを完成させて一安心ですが、ここでの▲4五歩には注意が必要なようで、ここでつい△3三角と上がると、前回学んだ筋で反撃を試みても、先手が1一に成った馬を自陣に引いたときにかなり守りに効くのでうまく行かないのです。

2図

f:id:pk_seki:20180218183231j:image

そこで▲4五歩には△3五歩です(2図)。対して▲4四歩には△同角と取ります。このとき、3五と5三に必ず歩があることに注意です。

ここに更に▲同角とする手には△同銀、そこで▲3一角という手がありますが、△3二と避けて大丈夫です。このときにもし後手が5四と歩を突いてあると、角を引かれて馬を作られてしまいます。

▲同角ではなく▲5五銀とする手には、△3三角と引いて、▲4四歩には△3四銀と出ることができます。