将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【順位戦】B級1組10回戦

各クラス大詰めの順位戦、昨日はB級1組の対局がありました。

B1ではすでに糸谷八段がA級昇級を決めており、残る一枠をかけて阿久津八段、橋本八段、山崎八段が争っています。

今局では特に阿久津八段と橋本八段の直接対決があり、阿久津八段が勝てば昇級確定という大一番でした。対する橋本八段も、残り2局を連勝することが昇級の条件ですから、絶対に落とせない対局です。

2人の対局は、橋本八段がこの対局に用意してきた工夫の囲いを見せるなど、終盤まで難しい将棋になりました。ギリギリの対局を制したのは橋本八段で、自力昇級の芽を復活させました。

次局、橋本八段が勝てば昇級、負けても阿久津八段が負ければ昇級です。阿久津八段は自身の勝ちと橋本八段の負けが昇級の条件です。

ほか、昇級の可能性があった山崎八段は負けてしまい昇級戦線からは脱落してしまいました。残念です。

一方、B級2組への降級をめぐる戦いは、斎藤七段と丸山九段の一局がありました。結果は斎藤七段の勝利で、斎藤七段の師匠である畠山鎮七段がB1への復帰を決めていますから、来期は師弟対決が実現します。

そして負けた丸山九段は、同じ2勝勢の松尾八段が山崎八段に勝ったため、降級が確定しました。

正直、丸山九段が降級することになるとは当初は考えていなかったので驚きです。やはり、世代交代の流れが確実に来ているのでしょうか。