将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【四間飛車】右四間飛車への対策 その6

第6回では、前回までとは少し違う序盤を勉強します。

1図
f:id:pk_seki:20180213223248j:image

先手が右四間飛車、後手は四間飛車です。前回まではここで後手も角を上がったり玉を囲ったり、腰掛け銀にする形を考えましたが、先手が桂馬を跳ねずに早く攻めてくる場合を考えます。

まず大切なのが、ここで角を上がるのではなく、玉をしっかり7二に逃げておくことです。先に角を上がっからどうこうというわけではないそうですが、考え方として、できるだけ隙のない形を保ちましょうということです。

というわけで、1図では△7二玉です。

2図
f:id:pk_seki:20180213223306j:image

それに対して先手が一直線に攻めてくるケースです。

▲4五歩△3三角▲4四歩△同銀▲4五歩△3五銀▲3三角成△同桂▲8八角で2図です。

4筋の歩を突かれても慌てて取らず、じっと角を上がります。銀は3五に逃げて、角交換してすぐに角を打たれました。なんとなくすぐにでも馬を作られてしまいそうで怖いですが、ここではこちらも角を使って攻める方法があります。それが2四角で、逃がした銀を支える形になります。

3図
f:id:pk_seki:20180213223324j:image

2図から△2四角▲2五歩△同桂▲1一角成△4六銀まで。

桂馬を跳ねて馬を作られてしまいましたが、これも作戦のうちです。このとき、先手陣では3七には後手の銀と桂馬が効いているのに対して先手は桂馬のみ。そして5七に後手は銀と角が効いていますが先手の駒はなにも効いていません。この二つの地点を同時に受ける手は先手にはなく、後手としてはここからの攻めがかなり楽しみです。

というわけで、右四間飛車からの早い一直線の攻めに対しても、しっかり応じれば十分戦えるということがわかりました。