将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【四間飛車】右四間飛車への対策 その5

第5回です。

1図

f:id:pk_seki:20180210155004p:plain

居飛車からの攻めで端歩を突いていないと角が出てきて悪くなってしまうので、後手の5二金に対して▲1六歩とするので、△1二香と上がることが出来ました。ここから居飛車が攻めても、飛車は後ろに下がることができるので問題なしでした。

そこで先手は1八香とあらかじめ角道から逸らしてやや手待ちのような形に(1図)。

しかしここで後手は、高美濃を作りに6四歩とするのはまずいそうです。なぜならば、4五からはじまる攻めに対して、後手の飛車が7四に来る流れがあるのですが、その道を止めてしまうことになるからです。

 

2図(後手番)

f:id:pk_seki:20180210155723p:plain

今日のテーマ図はこちら。先手は3六歩という手を省略して、端を突いたところを利用してきます。

以下△7二銀▲1七桂△1二香▲5九金左△6四歩▲4九飛△5二金▲2五桂△2四角▲4五歩△同銀▲同銀△同歩▲3三銀△同桂▲同桂成△4一飛▲3二成桂△4三飛▲5五桂△4四飛▲6三桂成△同金▲4四角△4六桂(3図)です。

3図

f:id:pk_seki:20180210160135p:plain

飛車を取られてぱっと見こちらが悪そうですが、駒としては銀桂との交換なので悪いわけではなく、小駒を使って攻めていきましょうという展開です。