将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【四間飛車】右四間飛車への対策 その4

前回の続きです。

1図
f:id:pk_seki:20180209135040j:image

この局面で香車と金どちらを上げるかという話でした。

香車を上げるほうは初回でやりましたね。桂跳ねに角を上がって、4筋の歩突きには同歩と取って角道が開いて角が成られても、金を寄れば受かっています。

そして金から上がった場合、先手は端歩を突いてないないので桂跳ねには1五角と咎めて良し、でした。

というわけで先手は金上がりに対してはちゃんと端歩を突いてくるでしょう。

1図から、△5二金▲1六歩△1二香で2図です。

2図
f:id:pk_seki:20180209135433j:image

先手が端歩を突くのでその間に香車も上がるわけです。

これで香車は角道から逸れたし、囲いのほうも美濃囲いが完成しました。

3図
f:id:pk_seki:20180209135744j:image

2図から▲2五桂△2四角▲4五歩△同歩▲3三桂成△4一飛まで。

先手が攻めてきました。金を上げていたので飛車の逃げ道が出来ているので、成桂も問題ありません。