将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【四間飛車】右四間飛車への対策 その3

四間飛車対策の勉強の続きです。前回の最後の図は以下です。

テーマ図
f:id:pk_seki:20180206063330j:image

先手が右四間飛車に構えたところです。

この桂跳ねに対して、金を5二に上がるか、香車を1二として角道から逸らすか、というのが今回勉強するところです。

金を上がるパターンを見ましょう。金を上がると先手の桂馬はすかさず2五桂と角を狙ってきます。このとき、先手が端歩を突いているかどうか注意します。もし突いていなければ、1五角と逃げます。
f:id:pk_seki:20180206082022j:image

対して▲1六歩△2六角▲1三桂成△同香▲2七歩で上図です。桂馬を手に入れたものの角の逃げ道がないように見えます。しかしここで3五桂打で飛車と角頭の歩を狙って問題ありません。

というわけで今回は、テーマ図から5二金として、かつ端歩が突かれていない場合を見ました。しかし、居飛車にとって端歩は税金と呼ばれるのは級位者の私でも知ってるくらいですから、右四間飛車を使う人はもちろん実践ではあらかじめ端歩を突いてくるでしょう。

次回は、端歩が入っているときの4筋の歩突きに対する応手を勉強します。