将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

【四間飛車】右四間飛車への対策 その2

いちおう前回の続きなのですが、あのあともう少し右四間飛車への対策を調べていたら、左金は別に5八に上がっても大丈夫らしい?やり方を見つけたりしました。具体的にはYouTubeの動画です。
【将棋】ショウヤンの右四間飛車対策講座① - YouTube

以下は、動画などで勉強したことを忘れないように記録するものなので、ちゃんと対策を勉強したい方は上記動画を見るのが最善手です。たぶん。

では、初形から動かします。先手右四間飛車vs後手四間飛車です。
f:id:pk_seki:20180202230526j:image
▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲4八銀△4二飛▲4六歩で上図です。

この最後の▲4六歩が、右四間飛車の形に向かう合図ですね。銀を5六に腰掛けるために必要な手です。この歩が突かれたら警戒しないとですね。
f:id:pk_seki:20180202230927j:image

そして、△3二銀▲4七銀△4三銀▲5六銀△3三角▲4八飛△5四銀と、後手は相腰掛け銀まで銀を伸ばして、先手も飛車を降って右四間飛車確定です。
f:id:pk_seki:20180202231621j:image

▲6八玉△6二玉▲7八玉△7二玉▲5八金△8二玉▲3六歩△7二銀▲3七桂まで。

お互いに玉を囲って、先手は桂を跳ねて攻めの準備を整えました。後手には、5二金とするか、1二香とする手があるようで、個人的には5二金としてしまってよいのか気になるところ。前回はこの金を保留することで、1一角成を受けることができましたからね。

とりあえずここまでの形をしっかり覚えることにして、続きは次回です。