将棋指しは王手飛車の夢を見るか

観る将であり指す将。将棋の話題と勉強のメモをつらつらと更新します。目標はアマ初段!

叡王戦

【叡王戦】第1局 金井恒太六段vs高見泰地六段

先手は金井六段で後手が高見六段、戦型は横歩取りでした。 横歩取りは、じわじわとリードを広げていくというよりは、わずかな隙を突いて技を決め、短手数で決着がつくイメージを持っています。本局はそれを象徴するかのような展開で、中盤までは形勢は互角だ…

明日から叡王戦

佐藤名人と羽生竜王の名人戦が華々しく開幕しました。同じく、明日から新タイトル戦である叡王戦が開幕します。 金井恒太六段と高見泰地六段、果たしてどちらがシンデレラボーイとなるでしょうか。 変則持ち時間制ですが、明日は5時間で、対局場は名古屋城…

今期のタイトルまとめ

3月もいよいよ終わりです。今年度のタイトル戦がすべて終了したので、防衛・奪取をまとめます。 竜王 羽生善治(奪取) 永世七冠がかかった大一番で羽生竜王が鬼神のごとき強さを見せて渡辺前竜王から竜王位を奪い取りました。その直前にタイトルを失ってい…

【叡王戦】七番勝負の詳細が決定

大番狂わせが相次いで大いに盛り上がった決勝トーナメントから早3週間。金井六段と高見六段の七番勝負の詳細が決定・発表されました。 まず目を引くのは対局会場の豪華さですね。叡王戦は今回で3期目ですが、過去にも国立博物館や迎賓館など歴史的・文化的…

【叡王戦】丸山九段vs高見五段

豊島八段、渡辺棋王を下すジャイアントキリングで遂にここまでやってきた高見五段、番勝負への最後の関門は、丸山九段でした。 丸山九段は実力者です。角換わりのスペシャリストの異名を持ち、独特な雰囲気では盤上外問わずの人気者。決勝トーナメントが決ま…

【叡王戦】準決勝 金井恒太六段が勝って決勝へ

叡王戦の段位別予選から、千田六段、永瀬六段を倒して本戦入りして、さらに佐藤天彦名人と佐藤康光九段を倒してここまで来た金井亘太六段。 名前こそは知っていたものの、このタイトル戦まで、対局する姿をじっくり見たことは有りませんでした。 「貴公子」…